●カンタベリー日本人会 総会報告

May 30, 2018

日本人会の存続と発展についてミーティング報告

日本人会の理事の担い手がいない現状をふまえて、今後の日本人会をどうするかについての緊急ミーティングを、
5月9日から26日まで計6回、日本人会オフィスや補習校ホールで開催しました。
延べ52人の方々にご参加いただき、貴重なご意見やご提案をいただきました。
また、アンケートにも54人のご回答をいただきました。ご協力に感謝いたします。
26日の最終ミーティング同日に開催された日本人会理事会では、ミーティングやアンケートの意見もふまえて、
今後の対応策を話し合いました。その要点は以下のとおりです。

1.会員と理事の距離を縮めて敷居をなくす。(理事の人選。対話重視)
2.実務を小さくわけて大人数で分担し、負担を軽減する。(チーム制)
3.担い手がつかない業務や参加者が少ない事業は整理する。(業務整理)
4.上記3の一環として日本人会オフィス借用を止める。(オフィス廃止)
5.補習校との連携や協力関係を維持する。(団体会員の導入)
6.会の目的や運営方法など全体的な見直し。(会則や運営の刷新)
7.上記の改革にあたり特例として、次年度の会費無償化を検討。
  1. author 6
    カンタベリー日本人会より

    クライストチャーチ領事事務所問い合わせ先です。
    クライストチャーチ領事事務所:電話:03-366-5680 Email:enquiry.chc@wl.mofa.go.jp

 

お問い合わせ

▲TOPへ戻る